アスミールは何歳から何歳まで飲む?正しい飲み方を教えます!

子供の成長をぐんぐん促す栄養素が気軽にとれて、子供も美味しく飲んでくれるドリンクとして注目を浴びているのが「アスミール」です。

 

 

あの小倉優子さんも大絶賛ということで、ママ世代はもちろん孫の成長を楽しみにしているおじいちゃん・おばあちゃんからの支持も得ているのが特徴ですが、アスミールを飲むべき具体的な年齢についてはまだ知らない、という人も多いでしょう。

 

実際に我が家でも「アスミールが良いらしい」という情報を得たものの、うちの子に飲ませてもいいのか?飲んではいけない年齢はあるのだろうか?とふと心配になりました。

 

この記事では、アスミールを飲ませるべき年齢や飲ませる際に注意したいこと、また何歳まで飲ませるのが理想的なのかについて調べたことをまとめていきます。

 

対象年齢を考える上で重要なのは「成長期」

カレンダー

子供の身長がもっとも伸びる時期を知っていますか?「成長期でしょう」と答える人が多いと思いますが、その”成長期”について具体的に知っているという人は実はあまりいないのが現状です。

 

アスミールを飲ませたい年齢については、子供の身長がもっとも伸びる時期を外さないようにするのが大きなポイントとなります。自分の子供時代を思い出してみてください…周りより身長が低かった、体が小さかったことで悩んでいた人もいるかもしれませんね。

 

子供はすぐ大きくなる、この”すぐ大きくなる”時期を具体的に知ることができれば、アスミールを飲ませるのにもっとも適した時期を探ることができます。

 

そもそも成長期とは?

「成長期」を辞書で調べてみると、「体がもっとも著しく成長・発達するとき」となっています。確かにその通りだろうとは思うのですが、ここでもまだ具体的な年齢や時期については知ることができません。

 

子供の成長期には「第一次性徴期」と「第二次性徴期」の2つの時期があります。この時期にあわせて、身長を伸ばしたり体を発達させたりするのに必須の栄養素を効率よく摂ることができれば良いわけです。

 

しかしここで注意したいポイントがあります。実は、栄養を摂るだけでは効率的に成長を促す作用を得られないことを知っていますか?我が家ではこの事実を知らず、とにかく栄養のあるメニューを食べさせることに集中してしまいました…。

 

「どんなに質の良い栄養を摂っても成長ホルモンの分泌が活発でなければ効果が低い」この事実を知り、慌てて調べてたどり着いたのがアスミールでした。

 

何歳から何歳までが成長期?男女別に解説!

 

具体的な「成長期」には男の子と女の子で差があります。一般的に女の子のほうが成長期が始まるのが早い傾向があり、「女の子は成長が早い」と言われるのは内面的な変化だけではなく、体の変化に対しても当てはまることのようです。

 

男子の成長期

男の子がもっとも成長する=身長が伸びやすい時期の平均は11.9歳となっており、小学校高学年の時期が当てはまります。標準体型の子と肥満体型の子でも違いがあり、比較すると肥満体型の子のほうがより早く成長期が始まるようです。男の子の身長が伸びる時期のピーク(成長スパート期)は13歳頃と覚えましょう。また、体重がもっとも増加しやすい時期も身長が伸びやすい時期と同じ平均11.9歳となっています。

女子の成長期

一方、女の子がもっとも成長する=身長が伸びやすい時期の平均はなんと10歳で、男の子に比べ約2年も早いのです。さらに肥満体型の子の場合は8.9歳頃から成長期が始まるというデータがあり、小学校高学年を過ぎる頃から「うちの子は少し小さい…?」と思い始めるのでは遅いかもしれないということになります。女の子の身長が伸びる成長スパート期は11歳と覚えましょう。女の子の場合も体重がもっとも増えやすい時期は身長がもっとも伸びやすい時期とほぼ同じです。

 

飲み始めるベストなタイミング(年齢)はいつ?

ただ、勘違いしてはいけないのが、先ほど説明した成長スパート期に入る前にすでに成長期には入っている点です。

 

実際に日本産科婦人科学会では「8歳から9歳」に男女ともに成長期に入ると言われています。女子の方が若干早いとはいえ、男の子も個人差があるのでこれを目安にすべきでしょう。

 

それぞれのもっとも成長しやすい時期にあわせてアスミールを飲む習慣をつけさせるのが効果的なので、男女ともに遅くても6〜7歳頃までには飲ませ始めましょう。

 

アスミールには亜鉛・アルギニン・プラセンタの3つの「成長サポート成分」がバランスよく配合されており、成長ホルモンの活発化と成長に必要な成分のどちらをも摂取できる満足感の高さが特徴です。

 

子どもたちが大好きなココア風味で喜んで飲んでくれるのもポイントですよ。

 

成長期に入る前がおすすめ!

具体的な年齢を書いてきましたが、飲ませ始めるのにもっとも適したタイミングは男の子・女の子共に成長期に入る前と言って良いでしょう。これは成長期に入る前の体が準備をし始める時期からサポート体制を整えていくという意味です。

 

アスミールはココア風味で美味しいので、飲ませ始めればすぐに子どもたちのなかで習慣化するとは思います。

 

学校から帰宅した後に…塾や部活動で疲れて返ってきた後に…など、「家に帰ったらアスミール」の徹底を成長期の前に身に着けさせてしまおうという作戦でもあります。

 

前述したとおり、最低でも6歳から7歳ごろまでにアスミールを飲ませ始めるのがおすすめです。もっと早く、第一次性徴期にも飲ませたいという場合は、4歳〜5歳頃からの習慣にするのも良いでしょう。

 

【注意】幼児期から飲んで大丈夫だが、せめて離乳食を終えてからにしよう(販売元に確認済み)

公式の見解では、離乳食を終えれば飲み始めることができると発表しています。具体的にはだいたい1歳半くらい〜であれば、アスミールを活用しても良いということになりますね。

 

そんなに子供の栄養補助として優秀なら離乳食に使いたいと考えて実際に活用している人もいるようです。

 

しかし、与える目安として公式が発表しているデータでは「幼稚園児であればスプーン2杯程度、離乳食を終えてすぐの幼児であればスプーン1杯程度で」とされています。思ったより少ないですね。

 

公式見解では離乳食中は与えるのをやめて、離乳食を終える頃から少しずつ与えるようにしてほしいというのが答えのようです。

 

何歳まで飲めばいい?

アスミールを飲ませ始めるのは成長期に入る前がおすすめ!と書きましたが、では飲ませるのをやめるのはどのくらいの年齢なのでしょうか?この点について知りたい人は多いはずです。

 

子供が成長しやすい時期は「第一次成長期」と「第二次性徴期」の2つに分かれていて、男の子も女の子も著しく身長が伸びる年齢は第二次性徴期の始まりに集中していますが、第二次性徴期が終わるまでの生育もとても大切です。

 

第二次性徴期中には大人の体になるための準備が始められ、男の子なら喉仏が出てくる、声が変わり始めるなどの特徴があり、女の子であれば胸が膨らむ、生理が始まる、体全体が丸みを帯びてくるといった特徴があります。

 

成長期を終えるまでがおすすめ!高校生が終了するまでが一般的!

結論から言えば、アスミールを飲ませるのは第二次性徴期が終わる頃までとなります。

 

具体的な年齢を言うのであれば高校生活を終える頃ですね。この年齢になると身長の伸び方はやや緩やかになるものの、体の中では大切な大人の体になるための変化が行なわれています。

 

アスミールはいかにも子供向けなイメージだし、中高生になっても飲ませるのも…と思っている家庭も多いのですが、むしろ中高生にこそ飲ませるべきポイントがいくつかあるのです。

 

中高生の時期は、特に女の子は自分の容姿を気にし始める年頃でもあります。そのせいでダイエットと称した食事の偏りによる栄養の不足の心配があります。

 

または友達付き合いでの外食が多くなったり、お菓子ばかりが多くなってご飯を食べない日も増えてきたり…。

 

男の子は男の子で、肉ばかり食べて野菜を食べないなどの悩みもあるようです。受験のシーズンと重なる時期でもあるので、遅くまで起きていて夜食が習慣化するなどもあります。

 

つまり、まだ成長期が終わっていないにもかかわらず、栄養のバランスを崩しやすい時期なんですね。

 

アスミールは子供の成長に必要な成分がバランスよく含まれているだけではなく、不足しがちなビタミン・ミネラルも配合されています。

 

栄養バランスを崩しがちな生活になり始める、中高生の大切な成長期を補助する飲み物としてもベストなので、アスミールは高校生活が終わる頃までは飲ませ続けるのが理想でしょう。

 

【対象年齢】アスミールは幼児NG?年齢についてまとめ!

 

アスミールを飲む年齢についてまとめると、飲ませ始めるのは幼児(離乳食を終えてから)の年齢から、飲むのをやめるのは高校を卒業する頃ということになります。

 

第一次性徴期〜第二次性徴期の終わりにかけてで、まさに子供の成長を見守る飲み物ですね。ポイントを絞ると、

 

  • 離乳食を食べている頃はまだ飲ませない
  • 離乳食を終える1歳半くらいからなら飲ませ始めても良い
  • 遅くても男の子なら12歳までに、女の子なら11歳までには始めたい
  • 飲むのをやめるのは高校を卒業してから

 

また、厚生労働省の発表にもこのように記載があります。

 

著しい成長期にある乳幼児が健康食品を使用することの体への影響は、解明されていないことが多い(良い影響だけでなく悪い影響もある可能性)。
引用元:厚生労働省「健康食品の正しい利用方法」

 

さすがに離乳食を終えていない乳幼児にアスミールを飲ますのはやめましょう。

 

幼児期の特徴

幼児期の食生活は、家族がきちんとメニューを考えてあげることである程度バランスの良さが保たれるのが特徴です。おやつなどの間食も家族が管理することが多く、目立つような栄養不足や肥満を未然に防ぐことが可能な時期でもあります。

 

早寝早起きの習慣を身につける始まりの時期でもありますし、3食きちんと食べる、よく体を動かすなどのリズムをつけた規則正しい生活を送ることで、第一次性徴期を活かしてぐんぐん成長することができます。

 

アスミールは幼児におすすめなのか?

幼児期の子供の食事やおやつの際の推奨として、牛乳を積極的に摂取すると良いというものがあります。しかし、牛乳だけだとクセが気になるなどの理由でなかなか飲んでくれないという悩みも多いものです。

 

アスミールは牛乳に溶かして飲む栄養補助食品ですし、子どもたちが好むココア風味なので、牛乳が苦手な子供でも喜んで飲んでくれる可能性が高いという点でもおすすめできます。

 

牛乳の栄養に加えて、アスミールにバランスよく配合されている成長のための栄養を効果的に摂取できるというわけです。

 

注意

ただ、これは離乳食を終えた乳幼児に限ります。

 

小学校低学年の特徴

小学校に入る頃になると、家族との時間ばかりではなく学校の先生や友達と交流する時間が増えていきます。

 

栄養バランスに関しては、給食であれば小学生の成長に必要なバランスが考えられたものになっていますし、そういった面では心配事は少ないでしょう。

 

この時期は第二次性徴期が始まる直前でもありますし、女の子であれば既に始まっていることも考えられます。

 

朝はスッキリと目覚めてきちんと朝食をとり、勉強や友達との活動など学校での生活がきびきびと送れるように考えてあげましょう。

 

小学校低学年にアスミールはおすすめなのか?

小学校低学年の時期は、女の子であれば第二次性徴期が始まる時期の平均に重なり、アスミールを飲み始めるのにピッタリのタイミングです。

 

男の子の場合もこれから始まる第二次性徴期に向けての体づくりとして、この頃から飲ませ始めると良いでしょう。

 

実際に小学校低学年頃からアスミールを飲ませ始めたというユーザーも多く、ココア風味で進んで飲んでくれるし、ジュースをごくごく飲まれるよりずっと安心できると言う声も多数あります。

 

小学校中学年の特徴

小学校中学年ともなると、女の子だけではなく男の子のなかからも第二次性徴期が始まる子供が出始めます。

 

また、女の子も第二次性徴期まっただ中にあり、この時期は子供の身長がもっとも伸びやすい、体が発達しやすいタイミングなのです。

 

小学校中学年頃は好き嫌いが激しくなったり、味の好みが固定されたりし始める子供も多く、また両親共に働いている場合では食事を摂る時に一人になりがちなケースもあります。

 

成長の要である第二次性徴期の始まりに栄養のバランスが偏ってしまうことは避けてあげたいですね。

 

小学校中学年にアスミールはおすすめなのか?

このタイミングでアスミールの活用を考え始める人が多いようです。幼児期から飲ませられなかった場合でも、遅くてもこの小学校中学年の頃までにはアスミールを飲ませ始めるのが良いでしょう。

 

アスミールには子供の成長に必須とされるビタミンやミネラルが配合されているだけではなく、成長を促進させるのに必要な成長ホルモンの活性化を促す成分も配合されています。

 

男の子・女の子ともに第二次性徴期のタイミングと重なるこの時期の栄養補給に最適です。

 

小学校高学年の特徴

小学校高学年ともなると食べ物の好みがだいぶはっきりし、食べないものは一切食べない、肉ばかり食べてしまう、おやつや間食が多くごはんの時にはあまり食べないなどの問題が起こりがちです。

 

また、この頃になると夜更かしをし始める子供も出始め、大切な第二次性徴期に充分な睡眠と休息がとれず、朝の目覚めも悪く朝食を食べずに出かけるなどのケースもあるでしょう。

 

充分な睡眠、しっかりとした朝食は1日の体の活力を作るうえでも大切な要素であり、規則正しい生活のリズムが崩れると勉強や友達との付き合いに気乗りしなくなる、あらゆることに気力が持てない、集中力が持続しないなどの問題が出てしまいます。

 

小学校高学年にアスミールはおすすめなのか?

規則正しい生活のリズムを心がけるよう指導しながらという前提で、アスミールを活用することで偏食などによる栄養の偏り・不足を補うことができるようになります。

 

子どもたちが好むココア風味なことも手伝い、ジュース感覚で楽しんでくれる子供が多いので、うまく生活に溶け込ませることができるのも大きなポイントでしょう。

 

生活リズムの崩れや食事の偏りは集中力・気力の低下に関連していて、それによる学力・成績の低下を予防するという観点でも、アスミールでの栄養補助はおすすめできます。

 

中学生の特徴

中学生ともなると、子供が自分で周りとの差を感じ始める時期になってきます。体格や身長、力、女の子の場合はスタイルなどの容姿面においても悩みを抱え始めるタイミングです。

 

そのため、子供によっては「ご飯はいらない」「肉は食べない」といった偏食が目立ち始めることも多く、せっかくの成長期に充分な栄養の摂取が叶わなくなってしまうこともあります。

 

実際に農林水産省の調査によると、

 

子供の朝食摂取については、朝食を食べないことがある小・中学生の割合は、小学校6年生で 12.5%、中学校3年生で16.2%となっています(図表− 43)。
引用元:文部科学省「家庭における食育の推進」

 

この時期になると身長の伸び方はやや緩やかになり始めるものの、まだまだ伸びる可能性が高いタイミングですから、できる限りきちんと栄養のバランスが整った体内環境にしてあげましょう。

 

中学生にアスミールはおすすめなのか?

中学生にもなると、身長の伸び方は第二次性徴期の始まり〜中盤頃に比べて緩やかになります。しかしまったく成長しないというわけではなく、この時期も子供の成長に適したタイミングであることは確かです。

 

小学校に比べると勉強も難しくなり始め、さらに部活動や塾が加われば、若いながらも疲労が溜まりがちな生活になりかねません。

 

そんな時期に栄養の偏りや食事抜きの習慣が身についてしまうと体の成長力が落ちるばかりではなく、学力ややる気の低下を招いてしまうのです。

 

アスミールは食事の偏りによる栄養の不足を補助してくれるため、中学生の世代も積極的に摂取していきたい飲み物となります。

 

錠剤やカプセルなどではなく、牛乳に溶かすだけという気軽さは、生活が慌ただしくなる中学生にも違和感がありません。

 

高校生の特徴

高校生を対象としたアンケートで、「朝食を毎日食べているか」と質問をした結果のアンケートがあります。

 

これを見ると、「ほとんど食べない」と答えた子供が7%、「週に2〜3回は食べないことがある」と答えた子供が9%、「週に4〜5回は食べないことがある」と答えた子供が1%となっており、全体で見れば約20%ほどの子供は朝食を食べていないケースがあるということになります。

 

子供や若者の食生活の状況として、朝食の欠食率は小学生に比べて中学生で高い傾向です(図表− 46)。また、20歳代から30歳代の若い世代では、朝食欠食率が他の世代に比べて高い状況にあり(図表− 47)、特に中学、高校生の頃から朝食欠食が習慣化している人が2 割程度存在しています(図表− 48)。
引用元:文部科学省「家庭における食育の推進」

 

朝食には噛むことで脳を活性化させ、1日をスッキリと過ごす作用を生み出す効果や、朝一番に体に栄養を与えて活力を保つという大切な役割があります。

 

また、昼食もお弁当を持参する場合はそこまで心配がいりませんが、子供が自ら購入するケースも増え、週の半分以上は菓子パンを食べている子供も珍しくなくなります。

 

女の子の場合は容姿を気にして昼食を抜いてしまうなど、家族の目の届きにくい範囲で栄養の偏りを招いているケースも考えられるのです。

 

高校生にアスミールはおすすめなのか?

アスミールは高校生活を終える頃まで飲み続けるのが良いとされるので、高校生にアスミールはおすすめなのか?の結論は「はい」になります。

 

高校生ともなると自分のお金で購入したジュースなどを飲む機会も増えて、体の中のバランスが崩れがちなので、栄養バランスに優れたアスミールで補助することは効果的です。

 

高校生は体だけではなく精神面も大人に近づいていく時期でもあり、大人が抱えるストレスに近いものを内に抱えて過ごしている子供もいます。

 

アスミールにも配合されているカルシウムは骨を丈夫にして子供の成長にポジティブな影響を与えることで有名ですが、実はストレスの軽減にも役立つ成分なのです。

 

体に吸収されやすい形に整えられた異なる3つのカルシウムをバランスよく配合し、精神面の穏やかさと健やかな成長を見守ってくれます。

 

アスミールは大人が飲んでも意味なし!?

結論から言えば、大人がアスミールを飲むことに問題はありませんし、実際に子供と一緒に飲んでいるという声も多くあります。

 

しかし注意してほしいのは、大人がアスミールを飲んでも身長を伸ばす効果は期待できないということです。

 

もちろん、大人になってから身長が少し伸びたという人は存在します。しかし、身長がもっとも伸びやすい第二次性徴期を過ぎてしまうとほとんど期待できないのが現実です。

 

大人がアスミールを飲む目的は栄養の補助、そして美味しく気軽に栄養補助の習慣が保てるという点を最大のメリットとして考えましょう。

 

ドリンクタイプなのでサプリメントの錠剤やカプセルを飲むのが苦手な人や、高齢者の栄養補助としてもおすすめです。

 

まとめ

アスミールの商品画像

子供の身長がぐんぐん伸び、体もどんどん発達するタイミングにあわせてアスミールを摂取させることは成長に良い影響を与えます。

 

子供の成長を思うばかりに栄養バランスの優れた食事やお弁当を作る…それなのに思うように成長していない?という疑問の隙間を埋める働きをしてくれるのがアスミールです。

 

子供の成長に適した栄養バランス、そして成長に必須の成長ホルモンの活動を促す成分を配合し、さまざまな年代に好感度の高いココア味のドリンクタイプに仕立てているため、「子供にはサプリメントを飲ませにくい」または「薬っぽいサプリメントには頼りたくない」という家族の気持ちにも配慮しています。

 

飲ませやすい=子供も続けやすいということですから、毎日の栄養補助の習慣をつけやすいのも大きなメリットでしょう。

 

幼児期から高校を卒業するまでとなると長いように感じますが、限られた成長期という時間のなかで効率的な子供の発達を考えるならアスミールを活用するのは理想的な選択と言えます。

 

成長に伴ってだんだんと生活が変わっていくものの、成長期の体が欲する栄養はほとんど変わりがないということをふまえ、飲みやすく続けやすい、子供が「面倒くさい」と感じることのない習慣として、アスミールを活用してみましょう。

 

 

関連ページ

デメリットがやばい!?アスミールは【楽天】で購入するな!
【NG】アスミールを楽天で購入しようとしている方は待ってください。アスミールを楽天で購入するデメリットがやばいって知っていますか?お得に購入できる方法を紹介するので必ず一読してください。
アスミールはamazonで通販できない?購入はココがおすすめ!
アスミールの販売店はいくつかあります。そのためどこで購入すればいいのか悩む方も少なくありません。amazonは世界の最大手通販サイトですが、購入するなら公式がおすすめです。その理由を解説します。
【注意】アスミールのアルギニンは効果なし?身長伸びるって嘘!?
【注意】アスミールの中に配合されているアルギニン。身長が伸びると度々注目される成分ですが、その証拠はあるのでしょうか。効果は嘘なのでしょうか?その真相を解明します。
【誰も教えない】飲み方で『アスミール』の効果は劇的に変わる!
【飲み方】プロテインでもそうですが、飲み方によって吸収率や効果は違います。また、時間などによっても違います。ここでは誰も教えてくれないアスミールの効果的な飲み方を公開します。
アスミールの味に飽きたときに試したい簡単おすすめレシピ【10選】
子供は飽き性なので同じものを飲んでいると次第に嫌いになる子もいます。そこでアスミールはおかずレシピBOOKが用意され、簡単に料理に混ぜれるようにしています。ここでは特に簡単な10個のレシピを紹介します。
アスミールの味はどう?飲みにくい?甘さ控えめ?【実体験レビュー】
子供に人気のアスミールですが、その味はどうなのでしょうか。飲みやすいものであれば継続も簡単です。実際に飲んでみると甘さ控えめでした。ここではそんな体験レビューを公開します。
アスミール専用シェイカー以外は混ぜにくい?ダマになる原因はコレ!
定期購入のリピート率が高く、定期の注文が多いアスミール。その秘密は専用シェイカーに隠されていました。なぜシェイカーが必要なのか。その理由を徹底解説します。
【注意】アスミールの副作用が危険なんて嘘…でもアレルギーは注意!
子供の身長サプリメントでよく見受けられるのが副作用の問題。アスミールにも危険な副作用があるなんて…そんなのは嘘です。ただ、アレルギーにだけは注意しましょう。
製造工場の安全性は?危険性なし?アスミールの真実を徹底調査!
サプリメントの品質に関わる「製造工場の安全性」。子供が飲む身長サプリなのでこれは調査しなくてはいけません。製造工程に危険があるものはNGです。アスミールの安全性について真実を追及します!
アスミールは返品可能!?簡単に解約する2つの方法【徹底解説】
一度購入してあわない場合に返品できれば購入も怖くないですよね。また解約する方法もわかればやめるときの心配もいりません。今回はアスミールを購入した後に問題になってくる内容を解説します。
アスミールは評判通りの効果なし!?【実際の口コミ15選】
身長サプリ「アスミール」の実際の感想を知るためには口コミや評判を参考にするしかありません。アスミールは評判通り効果あるのか?それともないのか?口コミ15選を徹底解明します。
アスミールの激安通販店舗【最安値で購入する方法はコレ!】
購入を決めたけどどこの店舗で買えばいいか悩んでいる親御さんは多いはず。ここではアスミールの激安通販のやり方から、最安値で購入するお得な方法、価格を徹底的に調査します。
みんな知らない!アスミールのお得な購入方法【裏技を公開】
「アスミールを公式で購入しようと思ったけど、どの購入方法がお得なのかわからない…」。そう悩む人は少なくありません。実際アスミールの公式で購入しようとすると「まとめ買い」や「年間トクトクコース」など4種類も方法があります。これではどれがいいのか、また何が悪いのかわかりませんよね。そこで今回はアスミールのお得な購入方法について解説していこうと思います。
会社が怪しい?アスミール販売店の株式会社イッティ【評判】を暴露!
「信用してサプリを購入しても大丈夫かな…」と思ったことはありませんか。アスミール以外にもいえるのですが健康食品を販売する会社は数多く存在するため評判がわかりません。販売会社の信頼性はその商品の安全性に直結します。アスミールの公式販売店の株式会社イッティは怪しいのでしょうか?それとも信頼性があるのでしょうか。評判を調査します。
【アスミールVSセノビック】比較対決!効果あるのはどっち?
「アスミール」と「セノビック」は口コミや評価サイトで評判が高く、どちらを買えばいいのか迷いますよね。そこで今回はアスミールとセノビックを成分や口コミ、安全性などから徹底比較し、どちらがおすすめか決めたいと思います。ぜひ、購入の参考にしてください。
【アスミールVSドクターセノビル】効果を比較※おすすめはコレ!
大人気身長サプリのアスミールとドクターセノビルの効果を徹底比較します。一体どちらのサプリメントが子供の成長や身長に良いのでしょうか。比較していきます。
『アスミール』VS『ミロ』効果を検証!迷うだけ無駄な理由とは?
ネスレ社のミロは昔から販売されている子供用の身長サプリです。アスミールは比較的新しい商品ですが、どちらの商品の方が子供の成長に対して効果があるのでしょうか。徹底検証します。
『アスミール』VS『フィジカルB』徹底比較!効果あるのはどっち?
人気身長サプリのアスミールとフィジカルBを徹底比較します。栄養成分、効果、価格なども総合的に判断して優劣をつけます。