『アスミール』VS『ミロ』効果を検証!迷うだけ無駄な理由とは?

ミロ

アスミールとミロは、どちらも成長期の子供向け栄養補助ドリンクとして人気のある商品です。ミロに関しては1934年生まれという事もあって、国内に限らず大変知名度が高い商品でもあります。

 

しかし、実際に自分の子供に与えようと思った場合には、知名度も大切かもしれませんが、最も重要となるのは本当に栄養補助や成長をサポートしてくれる効果があるのか、という点でしょう。

 

そこで、今回はアスミールとミロそれぞれを徹底的に比較してみて、どちらの方が効果があっておすすめなのかを見ていきたいと思います。お子さんにどちらを与えようか迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

 

ネスレ「ミロ」とは?

ミロ

ネスレから発売されているミロは、1934年にオーストラリアで生まれたもので、ギリシャ神話のチャンピオンであるミロンの名前が由来となっています。現在世界30か国以上の地域で販売されていて、世界的にも有名な商品です。

 

ミロが日本で販売されるようになったのは1973年で、麦芽飲料として販売されているミロにはエネルギーの源であるブドウ糖が配合されています。これにより、朝ミロを飲むことで一日のエネルギーを補給することができます。特に脳に必要なエネルギーは脂肪を燃焼することで代替できないので、成人なら一日80g必要と言われるブドウ糖をしっかりと取り入れる必要があるのです。

 

また、ミロにはブドウ糖以外にも2種類のミネラルと6種類のビタミンがしっかりと配合されているので、成長期の子供に必要な栄養を取り入れることが可能です。おすすめなのは朝食時に一杯のミロを一緒に飲む方法で、野菜ジュースなどよりも多くの栄養素を補給できます。

 

ミロは、牛乳に溶かして飲む方法が一般的です。牛乳が嫌いなお子さんでもミロを溶かすことで甘くておいしい味になって牛乳を飲むことができるという話をよく耳にしますので、子供が牛乳を飲まない場合にも利用できます。

 

商品の基本的なスペックを比較

ミロ

アスミールとミロのそれぞれの効果を比較するにあたって、まずは両者の基本的なスペックを比較していきたいと思います。アスミールとミロはどちらも子供に必要な栄養が含まれていて、それらを効率よく補給できるドリンクですが、含まれている成分などには違いがあります。

 

また、成長期の子供に与える飲み物ですので、安心安全な製品かどうかという点も非常に重要となります。そういった点も含めて比較していきます。

 

原材料と成分を比較

アスミールとミロの原材料や成分についてです。まずアスミールは、エネルギーとなるアルギニンや亜鉛を豊富に含んでいます。さらに、成長期には欠かすことのできないカルシウム、鉄、ビタミン類をしっかりと配合しており、たったの一杯で1日に必要な栄養素を十分補うことが可能です。

 

さらに、アスミールは子供の成長をサポートするために、亜鉛とアルギニン、そしてプラセンタをバランスよく配合しています。このトリプルバランスがアスミールの大きな特徴です。また、カルシウムに関しても3つの異なるカルシウムを配合していて吸収力を高めています。

 

一方のミロは、一杯に含まれる主な成分は食物繊維やカルシウム、鉄、ビタミンなどとなっています。カルシウムは一日に必要な分量の56%、鉄は一日に必要な分量の39%、そしてビタミンDは一日に必要な分量の63%が配合されています。さらに麦芽エキスはエネルギーの源であるブドウ糖が主成分なので、すぐに体内に吸収されて活動に使えるエネルギーとなります。

 

長期目線での成長を助けることはもちろんですが、朝一杯のミロを飲むことでその日の朝からの目覚めや、エネルギーをきちんと補給する事が可能です。

 

安全性(アレルギー)や副作用を徹底調査!危険性はないのか?

アスミールとミロ、どちらを子供に与えるにしてもまずはその安全性が第一です。その点アスミールは非常に安心できる商品だと言えます。なぜかというと、まず第一にアスミールに使われている原料はすべて国内製造原料を使用しているからです。安価な海外製の原材料を使っているということはありません。

 

次に、アスミールは合成保存料や合成着色料、合成甘味料などを一切使っていません。最近よくゼロカロリーの飲み物や食べ物がありますが、こうしたほとんどの食品には合成甘味料が使われています。しかし、成長期の子供にはこうした添加物などは極力与えたくありませんので、アスミールは安心して与えられる製品と言えます。

 

ミロの成分についてですが、商品の成分表を見てみるとアスミールとは違っていくつかの添加物が配合されていることが分かります。例えば酸化防止剤などの食品添加物は、食品の劣化を防ぐ為によく利用されており、一定量ならば人体への影響はないとされていますが、過剰に摂取してしまうとよくないことは明らかです。そう考えた場合、小さな子供にはできるだけ口にしてほしくない成分でもあります。

 

製造工場の安全性を比較

アスミールとミロを実際に作っている製造工場を比較してみたいと思います。まずアスミールですが、製造工場は日本国内とホームページにしっかり書いてあります。多くのものが労働力の安い海外の工場で作られていて、近年食の安全についてもかなりいろいろなニュースが流れてきたりしていますので、日本国内の工場で製造されているというのは安心できる点でしょう。

 

また、アスミールは放射能検査も実施しています。東日本大震災以降は食品に対する放射能の影響も気になるところですが、アスミールはしっかり検査を実施しているので問題ありません。

 

一方のミロが製造されている場所は、日本国内にも工場がありますが、昨年ベトナムのフンイエン省に新たなミロの製造工場をオープンしたというニュースがありました。

 

この工場で作られているミロが、日本国内へ輸入されてくるのか、それとも海外向けの製品のみなのかは分かりませんが、安い海外の賃金で製造して日本国内で販売されるという可能性はあります。

 

過去に健康被害を生じた製品のほとんどが、「海外からの輸入品」「錠剤・カプセル状の食品」です。

引用元:厚生労働省「健康食品の正しい利用方法」

 

中国ではないのでまだましとも思えますが、やはり成長期の子供に与える食品なので、できればアスミールのように日本国内でのみ製造されている製品の方が安心できます。

 

価格を比較!コスパがいいのはどっち?

アスミールとミロ、どちらも毎日子供に飲ませるとなるとそれなりにお金もかかります。どんなに良い商品だったとしてもお金がかかりすぎると続けることができませんよね。そこで、コストパフォーマンスで比較してみたいと思います。

 

まずアスミールですが、長期で利用する場合には定期コースを利用するとお得になります。アスミールの定期コースは一カ月目が半額で購入できて、それ以降はひと月4,102円です。送料は無料で、仮に三カ月継続して利用したとすると、一日一杯当たりの金額は68.3円になります。

 

一方のミロは、お店によって販売価格がまちまちです。そこでインターネットショッピングのAmazonで参考までに調べてみたところ、16杯分が一袋で711円となっていました。つまり、一杯当たりの金額は約44円となります。

 

こうしてみるとミロの方がかなりコストパフォーマンスが良く見えますよね。しかし、一つ注意しなくてはならない点があります。それは、インターネットショッピングでミロを購入する場合には送料がかかるという点です。今回参考にしたお店でも、ミロは711円ですが別途送料がかかると高くなります。また、常にこの価格で販売されているとは限りません。

 

どちらのサプリが飲みやすい?飲み方を比較

アスミールとミロ、それぞれの成分なども大切ですが、飲みやすさも気にした方が良い点です。なぜかというと、実際に飲むのは子供だからです。

 

子供はアスミールやミロには栄養があって、成長に役立つと言ってもそれを理由に飲んでくれるというのは実際難しいです。それよりもおいしいとか飲みやすいといったものの方が素直に飲んでくれます。

 

そういう意味ではアスミールは非常に飲みやすくできています。アスミールは一杯分の量(スプーンすりきり2杯)を100mlの牛乳に溶かすだけで、溶かす際にも専用のシェーカーに入れて振るだけです。ホットで飲む場合は普通にホットの牛乳にアスミールを溶かせばいいのです。これで一日に必要な栄養を取ることができるので、子供でも簡単に飲むことができます。

 

ミロはと言いますと、こちらもアスミールと同じで牛乳に粉末を溶かして飲むという方法は一緒です。ただ、アスミールのように専用のシェイカーなどはついていませんので、自分でシェイカーを用意するか、スプーンなどでかき混ぜる形になります。この方法でも良いのですが、シェイカーを使わないときちんと混ざらず粉っぽくなってしまう場合があります。

 

口コミ徹底比較!効果があるのはどっち?

ミロ

ここからは、アスミールとミロを実際に子供に飲ませている方々の口コミや体験談など、リアルな声をみていきたいと思います。

 

ここまででアスミールとミロがどんな商品なのか、どのような成分が含まれているのか、そしてそれぞれの安全性やコストパフォーマンスについてはある程度理解できました。しかし、せっかく子供に飲ませても成長に対する効果がさっぱり感じられなければ元も子もありません。

 

こういう場合、本当にアスミールやミロを飲ませてみて子供に効果を感じることができたかどうかという、親御さんの口コミが非常に参考になります。これからアスミールもしくはミロを子供に飲ませてみようと考えている方はぜひ参考にご覧ください。

 

ミロの口コミを見ていこう

まずはミロの口コミから見ていきたいと思います。ミロは知名度が高い有名な商品ではありますが、だからと言って飲みやすいとか、子供の成長に対してしっかり効果がでるとは限りません。

 

口コミ1(体験談)

子供が牛乳をなかなか飲んでくれないのでミロを試してみる事にしました。今も息子は牛乳だけでは飲んでくれませんが、ミロを多めに溶かすと飲むようになりました。私も昔飲んでいたことがあるミロなので安心して息子にも与えています。ただ、最近久しぶりに自分で作って飲んでみたのですが、以前となんだか味が変わったようで、私個人的には飲みにくくなった印象です。子供が牛乳を飲んでくれているのでいいのですが……。

口コミ2(体験談)

娘がなかなか成長しないというか、周りの友だちと比べても小さいほうなので栄養を取らせたくてミロを勧めました。娘は元々牛乳があまり得意ではなかったので、ミロを勧めたことで以前より牛乳をよく飲むようになってくれました。インターネットで購入した方が安いのでと思って購入しましたが、すぐに全部飲み切ってしまってリピートしようとしたら、ぜんぜん違う値段になっていました。前と同じ値段なら安くてよかったんですけどね。

口コミ3(体験談)

野球をやっている子供たちの為に購入しました。昔と違って容器は瓶ではなく袋になっているんですね。まあ瓶より袋の方がゴミの処分も簡単なのでいいと思います。味は昔と比べるとちょっと変わったみたいですね。子供たちは今の味しか知らないし、普通に飲んでくれているので問題はありません。ただ、昔より溶けやすくなったと聞いたんですが、実際には冷たい牛乳だと少なめにしないと溶け残ってしまいます。

 

アスミールの口コミを見ていこう

ここからはアスミールの口コミをみていきたいと思います。アスミールはインターネットでの購入が基本となる商品です。そのため、実際に手に取ってみたりする機会がなかなかありませんので、本当に購入して子供に与えてみた方の口コミや体験談は非常に貴重なものです。特に飲みやすさや味、子供への影響に関しては、これからアスミールを子供に飲ませようと思っている方にはぜひ参考にしていただきたいです。

 

口コミ1(体験談)

子供の成長の為に購入しました。ココア味がおいしいのか、子供は喜んで飲んでくれていて、毎日欠かさず飲むようになっています。同じ味だと飽きるかな?と心配していたのですが、子供は特に気にならないようです。飲み始めてすぐに成長が感じられたわけでありませんが、継続していくことで効果が出たらよいなと思っています。料金も比較的安いので、しばらくリピートを続けて様子を見るつもりです。期待しています。

口コミ2(体験談)

子供の牛乳嫌いに悩んでいました。やっぱり成長期には牛乳は必要だと思っていたので。牛乳を飲まない為なのか、うちの子は周りの子に比べて背が少し小さい気がしています。そういう経緯があっていろいろインターネットで調べて、良さそうと思えたアスミールを取り入れてみました。味は子供が飲みやすい味なので嫌がることなく飲んでくれています。まだ飲み始めたばかりなので効果のほどは分かりませんが、しばらく続けてみます。

口コミ3(体験談)

子供がバスケットボール好きなのですが、背が小さいので少しでもサポートできればと思って購入しました。大人の私も試しに飲んでみましたが、おいしくて飲みやすいのでいいと思います。背が伸びてほしいことはもちろんなんですが、うちの子供は好き嫌いが多いのでご飯だけでは栄養バランスが偏りそうで、そういった部分もアスミールで補えたらと思っています。成長期の栄養はとても大事だと思うので、少しくらいお金をかけてでも与えたいと思いました。

アスミールとミロ、それぞれのメリット・デメリットまとめ!

ミロ

アスミールとミロはどちらも子供が飲みやすい味でできていて、成長期に必要な栄養素が含まれているドリンクです。成分は違えど子供の栄養補給をサポートできるので大変便利な商品ではありますが、本当に良いものを選ぶ為には、それぞれのメリットデメリットをきちんと理解しておく必要があります。ということで、アスミールとミロのメリットとデメリットを一つずつ見ていきます。

 

ミロのメリット

ミロのメリットでよく目にするのは、牛乳に溶かして飲むことができるので、牛乳が嫌いな子供に牛乳を無理なく飲ませることができるようになるという点です。

 

牛乳が嫌いな子供に無理やり牛乳を飲ませることは難しいですが、ミロを溶かして飲ませることで、味が変わって飲んでくれることが多いです。そして、ミロには様々な栄養素が含まれているので、牛乳をただ飲んでいる時よりもしっかりと栄養を取り入れることができます。

 

また、ミロはコンビニエンスストアやスーパー、インターネットなど様々なところで購入することができます。手軽に購入できることから、すぐに取り入れやすいという点はとても大きなメリットです。

 

ミロのデメリット

ミロは、子供の成長に必要な栄養を取り入れることができる商品ですが、パッケージを見てみるとそれが不十分であることが分かります。ミロ一杯で取り入れられるのは、1日に必要な栄養のうちカルシウムは31%、鉄は42%、ビタミンDは34%です。

 

一日に必要な分量の半分も取り入れることができないので、必要な分量を補給しようとした場合には一日二杯以上ミロを飲まなくてはなりません。一日に二杯を基本としてしまうと、その分一日あたりのコストも上がってしまいます。

 

また、もう一点気になるのは添加物です。ミロは無添加の商品ではないので、必要なものとは分かっていても成長期の子供にはできれば添加物は与えたくありません。そういった意味ではこれもデメリットとなります。

 

アスミールのメリット

アスミールのメリットは、一日たったの一杯で一日に必要な栄養素をかなり補うことができるという点です。例えばカルシウムなら86%、鉄やビタミンB1なら85%、その他ビタミンB6に至っては123%も取り入れることができます。これだけの量をアスミール一杯で取り入れることができれば、残りは普通の食事で十分足ります。

 

また、アスミールはコストパフォーマンスが良い事もメリットのひとつです。同じような成長期の子供向けサポートドリンクなどはありますが、継続して利用するにはコスパは大切です。高すぎるものは続けていけませんので、一日あたり68円程度で飲み続けられるアスミールは非常に経済的です。

 

アスミールのデメリット

アスミールのデメリットですが、一つは購入方法です。ミロのようの近所のコンビニエンスストアやスーパーなどで気軽に購入することができません。アスミールを購入するにはインターネットサイトからの申し込みが必要です。ただ、ある意味お店まで足を運ばなくてよいので、デメリットと感じる方もいればメリットと感じる方もいるかもしれません。

 

もう一点は味が一種類しかないという点です。アスミールのココア味は子供も飲みやすい味として好評ですが、長く飲むことを考えると別の味もあった方が飽きずに飲み続けられるという点が考えられます。もう数種類味のバリエーションがあれば飽きませんし、ココア味が苦手な子供でも飲ませることができます。

 

管理人のおすすめは『アスミール』

アスミール

ここまで、アスミールとミロを原材料や成分、安全性やコストパフォーマンスなどあらゆる面で比較してきました。アスミールもミロも子供の成長をサポートしてくれる栄養素が含まれていて、飲みやすいドリンクとして人気があります。

 

ただ、アスミールの方が一杯分に含まれている栄養素が多いので、子供に飲ませるのならアスミールがおすすめと言えます。また、コストパフォーマンスや安全性、配合されている食品添加物などの事を考えてもアスミールの方がメリットは多いです。

 

実際にアスミールを利用している方の口コミを見ても、喜んでアスミールを飲んでいる子供が多いようなので、子供の成長を手助けする商品としては、管理人おすすめはアスミールとなります。

 

まとめ

アスミール

子供の成長をサポートするドリンクとして人気のアスミールとミロを徹底比較してみました。まず成分については合成保存料や合成着色料、合成甘味料などを一切使用していないアスミールの方が安全性が高いと言えます。

 

また、一杯で補給する事ができる栄養素に関しても、アスミールの方が量が多いので、毎日一杯飲むだけで十分となるアスミールがおすすめです。

 

そして、成長を助けるドリンクとしては長期的に利用する事が必要な場合は、経済的なところも考えなくてはなりません。ミロは店舗や時期によって金額に変動がありますが、アスミールは一定価格ですし、定期コースを利用すれば一日一杯当たりの金額は68円程度となりますので、経済的負担も少なく利用することができます。

関連ページ

デメリットがやばい!?アスミールは【楽天】で購入するな!
【NG】アスミールを楽天で購入しようとしている方は待ってください。アスミールを楽天で購入するデメリットがやばいって知っていますか?お得に購入できる方法を紹介するので必ず一読してください。
アスミールはamazonで通販できない?購入はココがおすすめ!
アスミールの販売店はいくつかあります。そのためどこで購入すればいいのか悩む方も少なくありません。amazonは世界の最大手通販サイトですが、購入するなら公式がおすすめです。その理由を解説します。
【注意】アスミールのアルギニンは効果なし?身長伸びるって嘘!?
【注意】アスミールの中に配合されているアルギニン。身長が伸びると度々注目される成分ですが、その証拠はあるのでしょうか。効果は嘘なのでしょうか?その真相を解明します。
何歳から何歳まで飲む?アスミールの正しい飲み方教えます!
【対象年齢】身長サプリで有名な「アスミール」。気になる対象年齢は何歳から始めて、何歳まで飲むべきなのでしょうか。ここでは正しい飲み方について解説します。
【誰も教えない】飲み方で『アスミール』の効果は劇的に変わる!
【飲み方】プロテインでもそうですが、飲み方によって吸収率や効果は違います。また、時間などによっても違います。ここでは誰も教えてくれないアスミールの効果的な飲み方を公開します。
アスミールの味に飽きたときに試したい簡単おすすめレシピ【10選】
子供は飽き性なので同じものを飲んでいると次第に嫌いになる子もいます。そこでアスミールはおかずレシピBOOKが用意され、簡単に料理に混ぜれるようにしています。ここでは特に簡単な10個のレシピを紹介します。
アスミールの味はどう?飲みにくい?甘さ控えめ?【実体験レビュー】
子供に人気のアスミールですが、その味はどうなのでしょうか。飲みやすいものであれば継続も簡単です。実際に飲んでみると甘さ控えめでした。ここではそんな体験レビューを公開します。
アスミール専用シェイカー以外は混ぜにくい?ダマになる原因はコレ!
定期購入のリピート率が高く、定期の注文が多いアスミール。その秘密は専用シェイカーに隠されていました。なぜシェイカーが必要なのか。その理由を徹底解説します。
【注意】アスミールの副作用が危険なんて嘘…でもアレルギーは注意!
子供の身長サプリメントでよく見受けられるのが副作用の問題。アスミールにも危険な副作用があるなんて…そんなのは嘘です。ただ、アレルギーにだけは注意しましょう。
製造工場の安全性は?危険性なし?アスミールの真実を徹底調査!
サプリメントの品質に関わる「製造工場の安全性」。子供が飲む身長サプリなのでこれは調査しなくてはいけません。製造工程に危険があるものはNGです。アスミールの安全性について真実を追及します!
アスミールは返品可能!?簡単に解約する2つの方法【徹底解説】
一度購入してあわない場合に返品できれば購入も怖くないですよね。また解約する方法もわかればやめるときの心配もいりません。今回はアスミールを購入した後に問題になってくる内容を解説します。
アスミールは評判通りの効果なし!?【実際の口コミ15選】
身長サプリ「アスミール」の実際の感想を知るためには口コミや評判を参考にするしかありません。アスミールは評判通り効果あるのか?それともないのか?口コミ15選を徹底解明します。
アスミールの激安通販店舗【最安値で購入する方法はコレ!】
購入を決めたけどどこの店舗で買えばいいか悩んでいる親御さんは多いはず。ここではアスミールの激安通販のやり方から、最安値で購入するお得な方法、価格を徹底的に調査します。
みんな知らない!アスミールのお得な購入方法【裏技を公開】
「アスミールを公式で購入しようと思ったけど、どの購入方法がお得なのかわからない…」。そう悩む人は少なくありません。実際アスミールの公式で購入しようとすると「まとめ買い」や「年間トクトクコース」など4種類も方法があります。これではどれがいいのか、また何が悪いのかわかりませんよね。そこで今回はアスミールのお得な購入方法について解説していこうと思います。
会社が怪しい?アスミール販売店の株式会社イッティ【評判】を暴露!
「信用してサプリを購入しても大丈夫かな…」と思ったことはありませんか。アスミール以外にもいえるのですが健康食品を販売する会社は数多く存在するため評判がわかりません。販売会社の信頼性はその商品の安全性に直結します。アスミールの公式販売店の株式会社イッティは怪しいのでしょうか?それとも信頼性があるのでしょうか。評判を調査します。
【アスミールVSセノビック】比較対決!効果あるのはどっち?
「アスミール」と「セノビック」は口コミや評価サイトで評判が高く、どちらを買えばいいのか迷いますよね。そこで今回はアスミールとセノビックを成分や口コミ、安全性などから徹底比較し、どちらがおすすめか決めたいと思います。ぜひ、購入の参考にしてください。
【アスミールVSドクターセノビル】効果を比較※おすすめはコレ!
大人気身長サプリのアスミールとドクターセノビルの効果を徹底比較します。一体どちらのサプリメントが子供の成長や身長に良いのでしょうか。比較していきます。
『アスミール』VS『フィジカルB』徹底比較!効果あるのはどっち?
人気身長サプリのアスミールとフィジカルBを徹底比較します。栄養成分、効果、価格なども総合的に判断して優劣をつけます。