製造工場に危険性なし!?安全性は?アスミールの実態を調査!

製造

アスミールの製造工場の安全性はどうなのでしょうか。危険性はないのでしょうか…。

 

成長期の子供が摂取するものですから、やはり安全性の高さは気になるところです。アスミールは一体どのように作られているのでしょうか。

 

近年、人件費を削減するために海外の工場でものを作ると言うことが増えてきましたが、中には劣悪な環境で作られると言うものも少なくありません。しかしアスミールは日本国内の工場で製造されています。

 

日本国内の工場で製造されていると言うだけでも、安全性の高さを知ることができます。

 

大切な我が子が飲むものですから、お母さんはできるだけ安全性が高く、製造場所がはっきりとしているものを選びたいと感じるのは当然のこと。その点アスミールは安心してお子さんに飲ませてあげることができます。

 

製造工場の安全性の基準とは?

アスミールは日本国内の工場で製造されているため、安全性・信頼性がとても高い健康ドリンクです。

 

しかし、日本国内で作られているもの全てが良いものと言うわけではないのも事実です。アスミールは本当に子供に飲ませても大丈夫な安全性が高いものなのか、その点について触れてみましょう。

 

まず、アスミールに使用されている原料は全て国内製造原料です。また合成保存料や着色料、甘味料は不使用。さらに放射能の検査までしています。

 

アスミールは成長期の子供に必要案栄養がたっぷり詰まっているだけでなく、安全性を徹底した健康ドリンクなのです。

 

GMPマークとは?

「GMP」とは、「Good Manufacturing Practice」の略称であり、訳すと「適正製造規範」となります。簡単に説明すると、原材料の受け入れ、製造、出荷などの過程が全て安全であり、品質が一定に保たれるための基準です。

 

品質のよい優れた製品を製造するために、原料の受入れから最終製品の包装・出荷にいたる全工程について必要な要件をまとめたもの

引用元:厚生労働省「健康食品の安全性の確保施策」

 

GMPが守られている日本国内の工場で製造された製品には、GMPマークがつきます。GMPマークには2種類があり、一つは掌でハートマークを受け止め上部にGMPのロゴが入っているもの。もう一つは、GMPのロゴを楕円が囲んでいるシンプルなもの。

 

どちらのマークにも大きく「GMP」の文字が入っているので、それがGMPマークであると一目で分かるようになっています。

 

NSF GMPとは?

「NSF」とは「National Sanitation Foundation」の略称であり、公衆健康安全の促進と環境保護を目的とした、独立した民間の非営利組織と言う位置づけになります。

 

製品・材料・システム評価のために、関係者の合意のもとに規格を開発しています。

 

対して「GMP」は前項「2-1.GMPマークとは?」で触れた通り、原材料の受け入れ・製造・出荷などの過程が全て安全であることと、製品が一定の品質を保つことを保証するものになります。

 

これ等のマークがあると言うことは、それだけで一定の安全性や信頼性を有していると考えて良いでしょう。そのため消費者の購買意欲にも繋がる要素になります。

 

日本にはGMPを認定する2つの協会がある

GMP

製品の安全性や品質を保証するGMPですが、一体どんな団体が認定をしているのでしょうか。日本にはGMPを認定する協会が2つ存在します。

 

  • JIHFS日本健康食品規格協会
  • 公益財団法人 日本健康・栄養食品協会

 

なお「2-1.GMPマークとは?」で触れた2つのマークは、どちらの協会で認定されたかによる違いです。

 

どちらでも基準を満たせばGMP認定はされますが、認定されるための基準は異なります。JIHFSの方がアメリカのGMPの基準に近いと言われていますが、正確な情報は見付けられませんでした。

 

ちなみに日本の企業の多くは日本健康・栄養食品協会で認定を受けています。

 

日本健康食品規格協会(JIHFS)

「JIHFS 日本健康食品規格協会」は健康食品のGMPの普及・啓発に努めている協会であり、健康食品業界、及び健康食品が安全かつ健全な発展をすることを目指して活動している組織です。

 

日本健康食品規格協会(JIHFS)は、健康食品GMPの普及・啓発を軸に、健康食品業界の健全な発展を目指して活動しています。

引用元:日本健康食品規格協会

 

日本では2つしかないGMP人展を行っている協会であり、その他にも錠剤・カプセル状等食品が安全であるための自主点検ガイドライン実施の企業支援や、健康食品関連法・通知・重要情報の提供なども行っています。

 

「JIHFS 日本健康食品規格協会」のホームページにはGMP認証されている企業や、GMPマークを使用することが許可された製品の一覧が掲載されているので、気になる企業・製品を手軽に調べることが可能です。

 

公益社団法人 日本健康・栄養食品協会

「公益社団法人 日本健康・栄養食品協会」は「JIHFS 日本健康食品規格協会」と並ぶ、日本で2つしかないGMP認定を行っている団体です。日本国民が健康な生活を送ることができるよう、様々な活動を行っています。

 

昭和60年に当時の厚生省が設置を認めた財団法人 日本健康・食品協会の事業として、健康食品の規格基準の設定とその基準に係わる認定制度を開始しました。

引用元:公益財団法人「日本健康・栄養食品協会」

 

「公益社団法人 日本健康・栄養食品協会」ではGMP認定を行うことで、製造過程での人為的なトラブル・危険性を防止する他、製品の汚染や品質の低下を防ぎ、製品が常に一定の品質であるよう啓蒙しています。

 

また「公益社団法人 日本健康・栄養食品協会」では、健康食品GMP認証は厚生労働省の支援を受けている第三者認証制度によって運営されているため、信頼性が非常に高いのも大きな特徴になります。

 

日本健康・栄養食品協会のGMPマークは2つある

GMP

GMPマークには2つあると前述しましたが、.日本健康・栄養食品協会のGMPマークは一つではありません。実は二つ存在します。

 

どう言う事なのかと言うと、.日本健康・栄養食品協会がGMP認定をするとGMP工場マークを使用することが可能になります。GMP工場マークはホームページや名刺などに広告・宣伝用として使用することが可能です。

 

対してGMP製品マークは、GMP認定を受けたGMP工場で作られた製品に表示することができ、実際に商品を手に取る消費者に安心感を与えて購買意欲に繋がります。同じGMPマークでも、消費者が意識するのはGMP製品マークの方でしょう。

 

GMP認定工場(工場がGMP認定)

工場がGMPに認められるには「JIHFS 日本健康食品規格協会」か「公益財団法人 日本健康・栄養食品協会」がそれぞれ定めた基準をクリアする必要があります。

 

厚生労働省が定めた「健康食品GMPガイドライン」に基づいて審査や検査を行い、それ等に合格するとGMP工場に認定されると言う流れになります。

 

なお、どの程度の厳しさでGMPの審査されるかは機関によって異なりますが、基本的には「各製造過程で人為的な誤りが防止されている」、「人為的な誤り以外の要因による製品の汚染や品質の低下が防止されている」、「全製造工程において品質が一定のラインを確保している」などになります。

 

.GMP認定工場製品(工場と製品自体に個別審査を通過した商品)

ここまでの説明だけだと、GMPは工場にのみ認定されるように思えるかも知れませんが、「4.日本健康・栄養食品協会のGMPマークは2つある」で触れたように、公益社団法人 日本健康・栄養食品協会のGMPマークには「GMP工場マーク」と「GMP製品マーク」の2種類があります。

 

GMP製品マークは、GMP認定工場で製造された製品に対して表示することが許されたマークであり、表示するには別申請が必要になりますが、消費者はより高い安全性を感じ取ることができるため購買意欲に繋がると言う点がメリットです。

 

どのような製品にマークが表示されているかは、公益社団法人 日本健康・栄養食品協会のホームページから確認することができます。

 

アスミールはGMPマークやNSF GMPを取得してない!

消費者が安全な健康食品を口にする上で「GMP」や「NSF」がどれだけ重要な要素であるかが分かったかと思います。

 

今までは意識していなかったと言う人も、今後はこの点に注意すると良いでしょう。

 

しかし、アスミールの公式ホームページにはGMPやNSFに関する記述やマークは見られませんでした。アスミールは公式ホームページなどで安全性の高さをうたっている一方で、GMPやNSFを取得していません。

 

だからと言ってアスミールが危険な健康食品と言うわけではありません。今後はこれ等に認定されることで、より安全性が保証されるでしょう。

 

サプリメントの安全基準はクリアしてる?

サプリメントをはじめ健康食品の安全性を保証するのがGMPやNSFですが、前項の「5.アスミールはGMPマークやNSF GMPを取得してない!」でも触れた通り、アスミールはGMPやNSFを取得していません。

 

残念ながらその点において、アスミールの安全性を保証するものは無いと言えるでしょう。

 

しかし日本国内では、GMPやNSFを取得していない健康食品は少なくありません。これ等を取得していないものは危険、と言うわけではないのです。

 

アスミールにはGMPやNSFの保証はありませんが、製造原料は全て国内産で、国内の工場で製造され、放射能検査を行っていると言う実績は、評価に値するポイントです。

 

.安心安全マークとは?NPO法人日本サプリメント評議会の「セレクトサプリメント」

安心・安全マーク

(出典:日本サプリメント評議会)
左半分が青、右半分が緑のラインでハートマークを描き、その中心に「安心安全」のロゴが入っているマークを、安心安全マークと言います。

 

安心安全マークは安全性を保証し、消費者が安心してサプリメントを購入することができるようにするためのマークです。やはり直接口にするものですから、安全性の高さは購買意欲に繋がります。

 

安心安全マークを表示するには、NPO法人「日本サプリメント評議会」で評価されなければなりません。この評価されたサプリメントを、セレクトサプリメントやデータサプリメントと呼びます。

 

日本サプリメント評議会の審査をクリアすることで、その製品すべてに安心安全マークを表示することが可能なのです。

 

アスミールは安心安全マークの取得なし!それは危険なのか?

サプリメントの安全性の指標となる安心安全マークですが、アスミールには残念ながら安心安全マークは表示されていません。しかしだからと言ってアスミールが信頼性の乏しい危険な健康食品と言うわけでもないのです。

 

インターネット上にはアスミールを実際に飲んだ人が感想や口コミを掲載していますが、効果の有無は人それぞれであるものの、アスミールが危険な飲み物だと主張する意見は殆ど見られないでしょう。

 

安心安全マークが無くとも必ずしも悪い商品と言うわけではないので、まずは口コミなどから、副作用が出たと言う報告はないか、実際に飲んでみてどうだったかをチェックすることをおすすめします。

 

アスミールが公表している安全性についての取り組み

アスミール

アスミールは自社の製品が極めて安全性が高いものである証明として、ホームページにどのような取り組みを行っているのかをしっかりと記載しています。

 

まだ身体がデリケートな成長期の子供に飲ませるものですから、アスミールの安全性が心配と言う親御さんはホームページでアスミールがどのように作られているのかや、原材料はどうしているのかを確認してみると良いでしょう。

 

使う原材料は全て国内製造原料!中国産は一切なし!

近年、原料を詳しくチェックする方が増えました。小さなお子さんが口にするものであればなおさらでしょう。特に原価が安い中国産が原材料に用いられていないかは気になるところです。

 

アスミールで使用されている原材料は、全て国内で製造されているものです。国内の工場で作られていたとしても原材料の出所が怪しいとやはり不安になってしまうので、全て国内製造原料であれば安心して飲用できます。

 

合成保存料、合成着色料、合成甘味料一切なし

添加物

小さな子供には、できるだけ添加物が含まれている食べ物・飲み物を与えたくないと言う親御さんは多いです。アスミールには合成保存料・合成着色料・合成甘味料が使用されていないかは、やはり気になるポイントではないでしょうか。

 

アスミールには合成保存料・合成着色料・合成甘味料は一切使用されておりません。そのため、成長期の子供でも毎日安心して飲むことができるのです。

 

日本国内の工場で製造!中国工場などではない!

ニュースなどで、人件費が安いからと劣悪な環境で製品を製造する企業が取り上げられることがあります。これが服や雑貨などならば消費者の命にかかわることはありませんが、アスミールのように飲むもの(食べるもの)であれば話は別です。

 

しかしアスミールは、人件費の安さを優先した中国工場などではなく日本国内の工場で製造されているので、製造過程も安全性が高く信頼できる製品です。

 

放射能の検査済み!実際に検査した試験成績書もあり

2011年の福島第一原子力発電所事故から既に数年が経ちましたが、やはり小さなお子さんを持つお母さんの関心は食品や原材料が放射能に汚染されていないかに向けられています。アスミールのように毎日お子さんが飲むものならばなおさらでしょう。

 

アスミールは放射能検査をしているので、汚染の心配はありません。加えて、実際に放射能検査をした証拠として、試験成績書もあります。

 

子供用のサプリメントの中では安全性にこだわった「アスミール」

アスミール

成長期の子供の身体は様々な栄養を求めている一方で、大人よりもデリケートであるため、日頃から子供が口にする食べ物に注意を払っていると言う親御さんは多いでしょう。

 

成長途上の身体だからこそ、原材料や製造している工場の管理がちゃんとされているかはもちろん、合成保存料や着色料、甘味料などの添加物が入っていないかなど、安全性を重視したいもの。

 

子供の身体の成長を助けるサプリメント「アスミール」は、原材料から製造している工場に至るまでしっかりと管理されており、出所が怪しいものはありません。

 

また合成保存料などの添加物も含まれていないため、安心して飲めます。

 

まとめ

アスミールには、子供の成長をサポートする様々な成分が含まれています。実際に開示されている原材料や成分表示を見てみると、そのどれもが子供の成長に必要なものばかりで、不要な成分は含まれていないことが分かるでしょう。

 

加えて、アスミールは非常に安全性が高い子供用サプリメントとしても知られています。日本国内の工場で製造されており、原材料は全て国内製造。さらに放射能検査をしており、実際に検査した証明である試験成績書も発行されています。

 

アスミールの品質の良さや安全性は非常に高く評価されています。口コミサイトや実際に飲んでみた人の感想を見ても好印象なものが多く、子供用サプリメントの中でも信頼性が高い商品と言えるでしょう。

 

私自身も、子供に飲ませるものなのでとにかく安全性が高いものをと、子供用のサプリメントや健康食品を調べている時は何よりも安全性を重視していました。やはり大切な我が子が飲むものですから、安全性が保証されているものが良いですね。

 

子供は食に対する安全性を考えず何でも食べてしまう傾向があるので、その分大人が気を遣ってあげる必要があるでしょう。

関連ページ

デメリットがやばい!?アスミールは【楽天】で購入するな!
【NG】アスミールを楽天で購入しようとしている方は待ってください。アスミールを楽天で購入するデメリットがやばいって知っていますか?お得に購入できる方法を紹介するので必ず一読してください。
アスミールはamazonで通販できない?購入はココがおすすめ!
アスミールの販売店はいくつかあります。そのためどこで購入すればいいのか悩む方も少なくありません。amazonは世界の最大手通販サイトですが、購入するなら公式がおすすめです。その理由を解説します。
【注意】アスミールのアルギニンは効果なし?身長伸びるって嘘!?
【注意】アスミールの中に配合されているアルギニン。身長が伸びると度々注目される成分ですが、その証拠はあるのでしょうか。効果は嘘なのでしょうか?その真相を解明します。
何歳から何歳まで飲む?アスミールの正しい飲み方教えます!
【対象年齢】身長サプリで有名な「アスミール」。気になる対象年齢は何歳から始めて、何歳まで飲むべきなのでしょうか。ここでは正しい飲み方について解説します。
【誰も教えない】飲み方で『アスミール』の効果は劇的に変わる!
【飲み方】プロテインでもそうですが、飲み方によって吸収率や効果は違います。また、時間などによっても違います。ここでは誰も教えてくれないアスミールの効果的な飲み方を公開します。
アスミールの味に飽きたときに試したい簡単おすすめレシピ【10選】
子供は飽き性なので同じものを飲んでいると次第に嫌いになる子もいます。そこでアスミールはおかずレシピBOOKが用意され、簡単に料理に混ぜれるようにしています。ここでは特に簡単な10個のレシピを紹介します。
アスミールの味はどう?飲みにくい?甘さ控えめ?【実体験レビュー】
子供に人気のアスミールですが、その味はどうなのでしょうか。飲みやすいものであれば継続も簡単です。実際に飲んでみると甘さ控えめでした。ここではそんな体験レビューを公開します。
アスミール専用シェイカー以外は混ぜにくい?ダマになる原因はコレ!
定期購入のリピート率が高く、定期の注文が多いアスミール。その秘密は専用シェイカーに隠されていました。なぜシェイカーが必要なのか。その理由を徹底解説します。
【注意】アスミールの副作用が危険なんて嘘…でもアレルギーは注意!
子供の身長サプリメントでよく見受けられるのが副作用の問題。アスミールにも危険な副作用があるなんて…そんなのは嘘です。ただ、アレルギーにだけは注意しましょう。
アスミールは返品可能!?簡単に解約する2つの方法【徹底解説】
一度購入してあわない場合に返品できれば購入も怖くないですよね。また解約する方法もわかればやめるときの心配もいりません。今回はアスミールを購入した後に問題になってくる内容を解説します。
アスミールは評判通りの効果なし!?【実際の口コミ15選】
身長サプリ「アスミール」の実際の感想を知るためには口コミや評判を参考にするしかありません。アスミールは評判通り効果あるのか?それともないのか?口コミ15選を徹底解明します。
アスミールの激安通販店舗【最安値で購入する方法はコレ!】
購入を決めたけどどこの店舗で買えばいいか悩んでいる親御さんは多いはず。ここではアスミールの激安通販のやり方から、最安値で購入するお得な方法、価格を徹底的に調査します。
みんな知らない!アスミールのお得な購入方法【裏技を公開】
「アスミールを公式で購入しようと思ったけど、どの購入方法がお得なのかわからない…」。そう悩む人は少なくありません。実際アスミールの公式で購入しようとすると「まとめ買い」や「年間トクトクコース」など4種類も方法があります。これではどれがいいのか、また何が悪いのかわかりませんよね。そこで今回はアスミールのお得な購入方法について解説していこうと思います。
会社が怪しい?アスミール販売店の株式会社イッティ【評判】を暴露!
「信用してサプリを購入しても大丈夫かな…」と思ったことはありませんか。アスミール以外にもいえるのですが健康食品を販売する会社は数多く存在するため評判がわかりません。販売会社の信頼性はその商品の安全性に直結します。アスミールの公式販売店の株式会社イッティは怪しいのでしょうか?それとも信頼性があるのでしょうか。評判を調査します。
【アスミールVSセノビック】比較対決!効果あるのはどっち?
「アスミール」と「セノビック」は口コミや評価サイトで評判が高く、どちらを買えばいいのか迷いますよね。そこで今回はアスミールとセノビックを成分や口コミ、安全性などから徹底比較し、どちらがおすすめか決めたいと思います。ぜひ、購入の参考にしてください。
【アスミールVSドクターセノビル】効果を比較※おすすめはコレ!
大人気身長サプリのアスミールとドクターセノビルの効果を徹底比較します。一体どちらのサプリメントが子供の成長や身長に良いのでしょうか。比較していきます。
『アスミール』VS『ミロ』効果を検証!迷うだけ無駄な理由とは?
ネスレ社のミロは昔から販売されている子供用の身長サプリです。アスミールは比較的新しい商品ですが、どちらの商品の方が子供の成長に対して効果があるのでしょうか。徹底検証します。
『アスミール』VS『フィジカルB』徹底比較!効果あるのはどっち?
人気身長サプリのアスミールとフィジカルBを徹底比較します。栄養成分、効果、価格なども総合的に判断して優劣をつけます。